トヨタから学ぶ【守破離の法則】

 

自分にはビジネスの才能もセンスもない。

 

そういう考えを持っていいる人もいるかもしれませんが、
ビジネスに才能もセンスもいりません。

 

 

 

そもそも世の中のノウハウも出尽くしています。

 

 

 

そして、ビジネスの世界はパクる、パクられるは当たり前
トヨタも元々はアメリカのフォード車を模倣するところから始まっています。

 

 

つまり、パクることは悪いことではなく、
成功者から良いところをどんどんパクった方が良いのです。

 

※勿論、丸パクリは訴えられますし、あなたの信用も失ってしまいます。

 

 

パクるというのはビジネスモデルや表現方法、何を伝えたいかなど、
成功者の思考をパクってしまおうということです。

 

 

『発明は不要』成功者の思考を盗め

 

ここでお伝えしたいこと。

 

それは、エジソンの様に電球を発明する必要はないということです。

 

 

シンプルに成功者、つまり稼いでいる人の真似をすれば良いので、
自分で一からアイディア出しをする必要もありません。

 

 

一度情報に投資し、成功者の思考を盗み取れば
自然と自分も稼げるようになるのでビジネスって本当に簡単です。

 

 

教材には成功者が時間を掛けて構築してきた思考がまとまっているので、
教材という情報に投資すれば自分は何もしなくても一気に稼げる思考が手に入ります。

 

 

逆に「情報に投資する」ことをしないと、
成功者の思考をいつまで経っても手に入れることはなく、
自己流をかまして稼げない状態が続いてしまいます。

 

 

ビジネスで成功している人はこの『情報に投資する』という思考があるので
どんどん投資し、時間を掛けずに稼ぐことができています。

 

 

情報に投資すると稼げるようなり、稼いだお金で更に情報に投資する。

 

このループで稼いでいる人はもっと稼げるようになる。

 

 

お金持ちはどんどんお金持ちになるのです。

 

 

ただ、情報に投資すれば成功者の思考が手に入るので
私の周りの人は借金してでも情報に投資している人が多いです。

 

 

なぜなら、思考が手に入れば投資した以上に稼げるようになるからです。

 

 

 

もちろん無料で手に入る有料級の情報があるのも確かです。

 

 

しかし、その情報をかき集めたりする時間も勿体なければ
ちまたには間違った情報を発信している人もいます。

 

 

情報弱者は、この判別もできないため、
信用できる成功者から有益な情報を学んだ方が良いのです。

 

【守破離の法則】

 

守破離の『守』とは、「パクる」ことを意味します。

 

成功者を徹底的にパクる。

 

 

ここで重要なのは自己流を出さないことです。

 

自分らしさがあった方が良いと思ってしまうと突然稼げなくなってしまいます。

 

『守』を徹底しましょう。

 

 

さらっと言ってますが、本当に大事です。

 

 

 

『破』とはパクリ要素を減らしたり、違う要素を混ぜたりする段階。
『離』とは「破」で実験して得られた成功要素を残した段階です。

 

 

これらも成功者の「知識×知識」で成り立ちます。

 

 

自己流は禁物です。

 

 

成功者の思考の組み合わせで試してみる。

 

失敗を恐れずに実験していきましょう。

 

『守』の注意点

 

トヨタもただ単にフォード車をパクっただけでなく、『改善』を繰り返しています。

 

 

トヨタはなぜフォードを抜くことができたのか。

 

なぜ他社が模倣しても追いつけないのか。

 

 

それは『改善』のレベルが高度だからです。

 

改善のための模倣のレベルが桁違いなのです。

 

つまり、『守』の段階で勝負が決まっているのです。

 

 

 

トヨタのパクり方は成功者の「思考」を細分化し
「具体⇔抽象」を行き来して本当に重要なところをパクって
自分の物にしています。

 

 

 

パクるにも頭を使ってパクっているのです。

 

 

 

 

 

無思考で文字通り「パクる」だけを徹底してしまうとどうなるのか。

 

 

例えば、ビジネスの情報発信で成功者がTwitterでこう呟いていたとします。

 

 

「おはよう。今日も頑張ろう!」

 

「これおいしいからおすすめ。→写真」

 

 

これは稼ぐための発信ではないですよね。

 

これはパクってはいけません。

 

 

これは極端でしたが、無思考でパクってはいけない例です。

 

 

 

 

 

『守』は成功者の思考、脳味噌レベルまでパクリましょう。

 

 

「なぜ」このような発信をしているのか。

 

「なぜ」このような表現をしているのか。

 

「なぜ」このタイミングの発信なのか。

 

など、「なぜ」を考えながらパクりましょう。

 

 

 

『守』を徹底的にやれば、稼げるようになります。

 

自分らしさとかはいらないので成功者をパクりましょう。

 

 

■まさじゅん公式メールマガジン

自分で稼ぐ力が身に付く無料メルマガ講座
有料級の情報を無料で公開しています。

 

【期間限定】
<収益自動化までの軌跡を大暴露!!>
今なら無料です。